masterhead masterhead  masterhead

研究用標準高速動画 サンプルプログラム

高速画像処理を行う際に, 最も重要な部分はアルゴリズムの開発です. このページでは,以下の目的を達成するような画像処理プログラムのサンプルを提供しています.

  • アルゴリズム開発の補助となるよう,汎用的なファイル処理のサンプルを提供する
  • 高速画像処理アルゴリズムの処理の核心を,サンプルを通して理解していただく

画像処理ライブラリ「OpenCV」を用いたものとなっております. OpenCVのダウンロードはこちらからお願いいたします.

目次

サンプルプログラム

ファイルから動画を読み込むプログラム

sample.wmvファイルを読み込み,表示するプログラムです.

cpp python2.7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
#include <opencv2/core/core.hpp>
#include <opencv2/highgui/highgui.hpp>

int main(int argc, char *argv[])
{
    // 動画ファイルを開く
    cv::VideoCapture capture("sample.wmv");
    // ファイルオープンチェック
    if(!capture.isOpened())
    {
        // 失敗時には終了
        return 1;
    }
    
    cv::namedWindow("Sample", CV_WINDOW_AUTOSIZE|CV_WINDOW_FREERATIO);
    
    while(1)
    {
        cv::Mat frame;
        // キャプチャ
        capture >> frame;
        if(frame.empty())
        {
            // キャプチャ失敗で終了
            break;
        }
        
        /*
         *  ...
         *  様々な処理
         *  ...
         */
        
        // 画像の表示
        cv::imshow("Sample", frame);
        // 'q'キーを押した場合はループから出て終了
        int key = cv::waitKey(30);
        if(key == 'q')
        {
            break;
        }
    }
    return 0;
}

動画をファイルに保存するプログラム

sample.wmvファイルを読み込み,グレースケール化した後,ファイルに保存するプログラムです.

cpp python2.7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
#include <opencv2/core/core.hpp>
#include <opencv2/imgproc/imgproc.hpp>
#include <opencv2/highgui/highgui.hpp>

int main(int argc, char *argv[])
{
    // 動画ファイルを開く
    cv::VideoCapture capture("sample.wmv");
    // ファイルオープンチェック
    if(!capture.isOpened())
    {
        // 失敗時には終了
        return -1;
    }
    
    /*  
     *  動画を書き込む準備をする
     *  無圧縮aviとして30fpsで保存する.
     *  SHIP-v動画を利用する場合は,入力動画の解像度1024x1024であるので,
     *  出力動画のサイズもそれに合わせる.
     */
    cv::VideoWriter writer("out.avi", CV_FOURCC('D', 'I', 'B', ' '), 30, cv::Size(1024, 1024));
    if(!writer.isOpened())
    {
        // 失敗時には終了
        return -1;
    }
    
    cv::namedWindow("Input");
    cv::namedWindow("Output");
    
    while(1)
    {
        cv::Mat frame, res;
        // キャプチャ
        capture >> frame;
        if(frame.empty())
        {
            // キャプチャ失敗で終了
            break;
        }
        cv::imshow("Input", frame);
        
        // グレースケールに変換して保存する
        cv::cvtColor(frame, res, CV_BGR2GRAY);
        cv::imshow("Output", res);
        
        // 動画を保存する
        writer << res;
        
        // 'q'キーを押した場合はループから出て終了
        int key = cv::waitKey(30);
        if(key == 'q')
        {
            break;
        }
    }
    return 0;
}

東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 ・創造情報学専攻 / 工学部 計数工学科 石川妹尾研究室
Ishikawa Senoo Laboratory WWW admin: www-admin@k2.t.u-tokyo.ac.jp
Copyright © 2008 Ishikawa Senoo Laboratory. All rights reserved.
logo